おすすめ家電

【2018年決定版】オススメ加湿器14選!!4つの方式と今〝買い〟のオススメ加湿器を分かりやすく徹底解説!!!!

f:id:matsutakeshi4444:20170909104543p:plain

こんにちは〜沖縄もやっと夏が終わり、冬に向かっています。

冬の必須家電といえば、〝加湿器〟ですよね!!

 

日本の冬の乾燥って相当すごいですよね!?

乾燥によって様々な健康被害を起こすので、加湿器を今まで使ったことがない人は必見!!絶対使った方がいいです!!

加湿器を使うメリット

加湿器=部屋の湿度を上げるためだけ!!の家電です。

しかし、その効果は絶大!!適正な湿度に調整することのメリットとは!?

感染予防になる

f:id:matsutakeshi4444:20161112130326j:plain

部屋の湿度を適正にすることで、ウイルスの繁殖を抑え〝風邪予防〟になります!!

 

ウイルスは乾燥している環境で繁殖する特徴があります。日本の冬は乾燥していて寒いため、ウイルスの絶好の環境になるのです!!

 

湿度は60%程度が一番いいと言われており、それ以上だとカビの繁殖がおこり、40%以下でもウイルスの繁殖が起こりやすくなるそうです。

これからインフルエンザも流行ってくるので自宅では適切な加湿が健康を保つキーワードになります!!

 

また、乾燥により喉の粘膜が弱ってしまうため、

ウイルスが活発×粘膜が弱る=風邪を引きやすくなる!!という最強コンボになるのです!!

美肌効果も!!

f:id:matsutakeshi4444:20161112130951j:plain

部屋が乾燥していると、肌も乾燥してしまい、ハリ・ツヤも低下してしまいます。

肌の中の水分も抜けてしまうということです。

加湿器で乾燥を予防することで肌の中の水分も保持されます!!

 

日本の冬の湿度は20〜40%程度ですので、60%程度に保つためにも加湿器は必須です!!

 

湿度計もあれば分かりやすいです。

加湿器のメンテナンスも考慮しよう

〝加湿器病〟って言葉を知ってますか!?加湿器をメンテナンスしなかったことで、雑菌が空気中に拡散され、それを吸ってしまったことで喘息や肺の病気を引き起こすことです!!

 

主に超音波式の加湿器を長時間利用した際に起こります。超音波加湿器は消費電力が小さいメリットはありますが、雑菌の繁殖が起こりやすいというデメリットがあるため、超音波加湿器を使用する際はしっかりメンテナンスをしましょう!!

使用する水について 水道水を使おう

f:id:matsutakeshi4444:20161113134753j:plain

これは、あまり意識していない方も多いですが、結論から言うと

〝水道水を使いましょう!!〟

 

自宅に浄水器があって『浄水器の水がキレイだからその水を使おう♩』と思って使われる方が多いみたいです!!私も最初そう思ってました!!

 

しかし、浄水器の水はあくまで、飲食時に美味しく飲めるようにするものです!!

水道水には塩素が含まれていて、雑菌が繁殖しにくくなっています!

 

塩素の効果は大体2日はあると言われています。

浄水器で塩素が除去された状態の水を使用すると、加湿器内で雑菌が繁殖しやすくなるため、絶対に避けてください!!

特に、超音波式は熱で加湿するわけではないので必ず水道水を使いましょう!!

 

また、タンク内の水は1日1回は交換しましょう!!

加湿器の〝4つの方式〟をチェックしよう!!

加湿器はどのように加湿するか!?

方式が4つに分かれています!!メリット・デメリットがあるためここで紹介させて下さい!!

スチーム式

f:id:matsutakeshi4444:20161112120921j:plain

ヒーターで水を温めて水蒸気を出す方式!!ヤカンと一緒です!!笑

水を温めて水蒸気を出すため、殺菌効果があり衛生面で安心!!

・水蒸気口が熱くなるため、やけどの危険性がある。小さいお子さんがいる家庭には不向き。
・電気代が一番かかる。

殺菌効果があり、衛生的ですがやけどの危険性があり、注意が必要!!

代表的な加湿器

気化式

f:id:matsutakeshi4444:20161112122301j:plain

水を吸い上げたフィルターにファンの風を当てて水を気化させる方式

加湿空気清浄機の加湿はこちらの方式です!!煙はでないよ!!

ヒーターがないため、電気代が安い。熱くならない、逆に少し冷える

加湿力は弱め。ファンの動作音がうるさいものもある。

お手入れしないとカビが繁殖する。

加湿空気清浄機と同じ仕組みでやけどの心配がないため安全ですが、カビの心配があるため、こまめに掃除出来る人向けです!!
代表的な加湿器

超音波式

f:id:matsutakeshi4444:20161112122805j:plain

超音波で水を水蒸気に変えて加湿をするタイプです!!オシャレな加湿器に多いです。

白い煙がモクモク出ているのはこちらのタイプ!!

消費電量も少なく、オシャレなモデルが多い。ファンがないため静か。

除菌機能がないと雑菌が繁殖しやすい。マメなお手入れは必要。カビが繁殖しやすい。粒子が大きいため部屋が濡れることがある。

加湿能力が弱い機種が多い。

オシャレな商品が多いが加湿性能自体は弱く、カビの繁殖もしやすい!!
代表的な加湿器

ハイブリット式

f:id:matsutakeshi4444:20161112123249j:plain

ここでも出ました、ハイブリット式!!車でもよく聞くワードですね!!

超音波+スチームもしくは気化型+スチームを組み合わせた方式。いいとこ取りってことです!!

超音波の雑菌繁殖をスチーム式のヒーターで抑え、消費電力も少ない

加湿器本体の値段が高い

本体価格は高くなる傾向ですが、メンテナンスや加湿性能はイケてます♩
代表的な加湿器

加湿器の方式別で電気代が違います!!

前で説明した通り大きく分けて4つの方式がある加湿器ですが、電気代が変わってくるので注意が必要です!!

電気代が安い順から

気化式<超音波式<ハイブリット式<スチーム式

で高くなっていきます!!

加湿能力300ml/hの加湿器の電気代比較

※ハイブリット式(加熱超音波式)のみ350ml

消費電力 1ヶ月の電気代(1日10時間使用した場合)
スチーム式 230W 約1925円
気化式 5~11W 約42~92円
超音波式 22W 約184円
ハイブリット式(温風気化型) 11~98W 約92~820円
ハイブリット式(加熱超音波式) 75W 約628円

※価格.com参考

また、加湿器を選ぶ際は部屋にあった加湿能力を選びましょう!!

何畳の部屋で使用するかで必要な加湿能力が変わってきます♩

 

おすすめの加湿器紹介

スチーム式

熱でスチームを出して加湿するので、清潔でメンテナンスも少なくて済みます!!ズボラな人にはぴったりのスチーム式!!多少電気代がかかったり、小さいお子さんがいる方はやけどの心配があるのが難点!!

オススメの人:ズボラな1人暮らし、小さいお子さんがいない方

①象印 EE-RN50

ほぼ湯沸かしポット!!

見た目はオシャレではないですが、家電らしい割っきた感じが私は好きです!!

しかも、実力は折り紙付きの最高の加湿器です!!とにかく口コミがいい!!

お手入れが楽チンで、フィルターなどもないため、いつでも清潔に使え、加湿能力も高い!!

 

しかし、スチーム式のため電気代が他と比べて高めです。

清潔感・加湿能力をとるか!見た目・電気代ってところです!!

基本スペック

サイズ[幅×高さ×奥行き]:240x315x260 mm 重量:2.4kg

タンク容量:3L  適用畳数:13畳 消費電力:985w 加湿量:480ml/h

その他の機能:自動運転・タイマー機能・チャイルドロック

②三菱 roomist  SHE35PD

見た目もかわいいスチーム式のバランス型です!!

値段も手頃で、清潔に使えて部屋においても違和感なく使いたい!!って人におすすめです!!

スチーム式はカビなどの雑菌は心配ないのですが、カルキをガリガリとる作業が定期的に必要とのレビューもありますのでメンテナンス不要とはいかないです。

基本スペック

重量:3kg サイズ[幅×高さ×奥行き]:220×245×267mm

タンク容量:2.8L 適用畳数:10畳 消費電力:250w  加湿量:350ml/h

その他の機能:自動運転・タイマー機能・チャイルドロック

③roomist SHE60RD⇦オススメ!!

前に紹介したroomistの少し大きい17畳用タイプでこちらもオススメ!!

このroomistはおしゃれな加湿器があまりないスチーム式の中では直線的で、かわいいroomistはたけログ的に激しくオススメ出来る加湿器です!!

さらに!!色もホワイト・ブラックの両方揃えており好みで選ぶ事ができます!!

基本スペック

サイズ:高さ308×幅221×奥行297mm 重量:4Kg

タンク容量:4L  消費電力:最小220W~最大440W  加湿の目安:〔木造和室〕10畳(17㎡)、〔プレハブ洋室〕17畳(27㎡) 加湿量:600ml/h

その他機能:自動運転 除菌 アロマ チャイルドロック

ブラックもあってオシャレなのに高性能がウリです!!

④プラスマイナスゼロ XQK-Q030

f:id:matsutakeshi4444:20170907225442j:plain

スチーム式でオシャレな加湿器が欲しい!!って人はこれ!!

機能云々は置いといてなにより可愛い!!それだけ!!

基本スペック

サイズ: H155.5xW305xD305mm 重量:2kg
タンク容量:2.4L 適用畳数:8畳

消費電力:230w  重量2kg

加湿能力:300ml/h

気化式

気化式は省エネで熱くならないため小さいお子さんをがいる家庭にはオススメですね!!

またしっかりメンテナンスすれば、多加湿でカビが増えたりすることがないというメリットもあります!!フィルターやタンクのメンテナンスをこまめ清掃する必要があります!!

オススメの人:こまめな洗浄をしっかり出来、電気代を節約したい人

①Panasonic FE-KXR07⇦オススメ

安心と信頼のPanasonic!!

気化型では1番オススメです!!

デザインも直線的で半透明なホワイトは清潔感があって綺麗です♩

 

個人的にはあまりイオン的なのは信用していないのですが、ナノイーもついています!!

気化型だけど加湿能力も高く、DCモーターのため、超省エネ!!使用レビューもとてもよく、気化型ではこれ1択では!?

基本スペック

サイズ:幅375×高さ375×奥行き186mm  重量:5.2kg

適用畳数:木造12畳 プレハブ洋室19畳 加湿量:800ml/h  タンク容量:4.2L 消費電力:18w

その他機能:自動運転・除菌・DCモーター・チャイルドロック

②バルミューダ Rain

f:id:matsutakeshi4444:20170907225918j:plainオシャレ家電で有名なバルミューダの加湿器〝Rain〟これは見た目でヤられちゃって購入する人も多かったのでは!?給水も上から水を注ぐというオシャレな演出です!!

値段も結構しますが、なにより見た目が好き!!って方にはたまらない一品です!!f:id:matsutakeshi4444:20161113141846j:plain

基本スペック

サイズ:幅350×高さ374×奥行350mm  重量5.7kg

適応畳数:プレハブ洋室17畳 タンク容量4.2L  加湿量:600ml/h 消費電力:23w

その他機能:自動運転 除菌 チャイルドロック

③SHARP HV-G30

f:id:matsutakeshi4444:20170908152409j:plain

加湿だけでなく、「高濃度プラズマクラスター7000」イオン発生機能により除菌・消臭効果もあるため、一石二鳥の加湿器です!!

 

DCモーターと部屋の温度と湿度をチェックする『Wセンサー』を採用しており、前モデル(HV-E30)に比べて消費電力を半分近く低減しており、細かいところでパワーアップしている安定の加湿器!!

 

分解しやすく設計されているため、手入れが簡単です!!

基本スペック

サイズ:幅322×高さ316×奥行156mm  重量:2.8kg

適用畳数:木造和室5畳 プレハブ洋室8畳 タンク容量2.4L  加湿量290ml/h  消費電力:9w

その他の機能:自動運転・除菌・DCモーター・プラズマクラスター7000

こちらは今年発売の新しいモデルもありますが、ほとんど機能は変わっていないので価格の安い方をオススメします。

超音波型

一般的に加湿力が弱く、雑菌が繁殖しやすいと言われている超音波型ですが、近年は改良されてオシャレで、雑菌が繁殖しにくく、加湿力の強い商品が増えています!!

 

メンテナンスはしっかりする必要はありますが、加湿器によっては清潔に使えるものもたくさんあります。

オススメの人:ランニングコストを抑えたい、しっかりメンテナンス出来る人

①cado STEM620⇦オススメ

超音波型はオシャレ加湿器の宝庫です!!

その中でトップでオシャレなのが、cadoの加湿器です!!多分富裕層や芸能人の家には高確率であります!!めっちゃかっこいい!!

以前テレビでマツコデラックスの自宅に2台あると話していました。

f:id:matsutakeshi4444:20161113104525j:plain

雑菌が繁殖しやすい超音波型ですが、独自の殺菌成分「ゼオライト」をタンク内に設置しているため、雑菌の繁殖を抑えてくれます!!

また、独特な高い位置からのミスト口があるため、ミストも部屋全体まで行き渡り、ミスト自体も細かいものに選別されて墳霧されるため、壁や床に水滴がつくことはほとんどなく、カビの発生も起きにくいです!!

個人的には一番欲しい加湿器No1です!! 

基本スペック

サイズ:27(直径)×85.5(高さ)cm 重量:4.3kg

適用床面積目安:木造和室10畳/プレハブ洋室17畳

加湿能力:600mL/h 消費電力:42W タンク容量:2.3L 連続加湿時間(弱/強):11時間/5時間

ホワイトもあります♩

また、STEM620はアロマを楽しむことも出来るので専用のオリジナルフローラルウォーターもどうぞ!!

②Dyson Hygienic mist

f:id:matsutakeshi4444:20170908153625j:plain

〝羽のない扇風機〟でお馴染みのダイソンがエアマルチプライヤーに採用されている送風技術を応用して作った加湿器です!!

見た目もオシャレで、加湿能力も高い!!オシャレな室内に溶け込むというより、独特の存在感を放つ加湿器です!!こちらはcadoとまた違った魅力があります!!本体も小ぶりなため移動も簡単です!!

f:id:matsutakeshi4444:20161113121930j:plain

また、こちらの加湿器は加湿機能OFFにして送風モードにすることができます!!

そのため、1年中使える万能家電です!!ダイソンは扇風機もHOTandCOOLを発売していますし、〝年中使える家電〟を重視しているのかもしれません!!

 

こちらも超音波式ですが、タンク内でUVライトで雑菌を除菌する機能があり、なんと99.9%除菌されるそうです!!

弱点をうまく克服したオシャレ家電です!!

基本スペック

サイズ:24(幅)×22.2(奥行)×57.9(高さ)cm 重量:2.84kg

適用床面積目安:木造和室5畳/プレハブ洋室8畳 加湿能力:300mL/h 消費電力(加湿モード 最小/最大):35W/55W タンク容量:2.84L 連続加湿時間:10~18時間

③APIX SHIZUKU touch+

f:id:matsutakeshi4444:20170908153933j:plainTHE超音波加湿器のAPIX SHIZUKU touch+は定番中の定番です!!

なんといってもコスパが最強!!また、雫のような形が女性に受けてかなり売れている商品になります!!

f:id:matsutakeshi4444:20161113123928j:plain

LEDライトがタンク内で光るような設計になっており、夜真っ暗じゃ寝れないって方や、雰囲気作りには持ってこいです(OFFにも出来ます)

最低限の抗菌カートリッジやタイマー機能、アロマなどの機能もあり、コスパ最強の品です。ただ、超音波式のためやはり、マメにタンク内の清掃をお勧めします。

基本スペック

重量:2.2kg サイズ:幅22.7×奥行22×高さ33cm

タンク容量:3.3L 適応畳数:8畳
消費電力:32w
加湿機能:300ml/h その他の機能:タイマー機能、アロマ

ハイブリッド

いいとこ取りのハイブリッドは加湿能力・省エネ性に非常に優れており、絶妙なバランスの商品が多いです!!

商品ラインナップも揃ってきており、高性能な商品が多いのが特徴です。コスパがよければ選ぶ価値ありです!!

①SHARP HV-H75

今年発売されたばかりのSHARPのハイブリット式(温風気化式)になります!!

通常加湿器は前モデルからのマイナーチェンジが多いのですが、こちらはフルモデルチェンジで全く新しい加湿器となっています!!

かなり進化していて、簡単にまとめると

・高さを出してコンパクトになった

・業界トップクラスの加湿性能になった(750ml21畳へUP)

・分解しやすくなり、お手入れがラクになっている

・給水が『注ぐ』と『入れて運ぶ』の2パターン出来るようになった⇦ここが凄い

上にあげた項目は全てかなり凄いアップグレードなんですが、今回一番使いやすそうだなっと関心したのが『給水が2パターン出来る』ところです!!

通常のタンクを持ち運んで給水するパターンもできますし、上部の口から直接給水することも可能です!!これマジで便利かも!!

タンクに水が余ってたら、タンクを持ち運んで給水するのって大変だし 、『追い水』出来るのってメッチャいい!!

基本性能がしっかりしている、大手家電メーカーSHARPらしい加湿器です!!

基本スペック

サイズ:幅272×高さ455×奥行220mm  重量:5.2kg

適用畳数:木造12.5畳 プレハブ21畳 加湿量:750ml/h  タンク容量:  消費電力:335w

その他の機能:自動運転・除菌・チャイルドロック

②ダイニチ HD-RX917⇦オススメ

f:id:matsutakeshi4444:20170908163943j:plain

意外かもしれませんが、加湿器に関してはこのダイニチがメーカーシェアNo. 1なんです!!

加湿器の性能にすこぶる評判がいいダイニチですが、ハイブリット加湿器がもっともオススメ!!

ハイブリット式は気化型とスチームファン型のいいとこ取りな商品で、加湿性能にすぐれていますが、通常本体価格が高くなってします傾向にあります。

しかし、ダイニチのハイブリット加湿器はかなりの高コスパ!!

・コスパがいい

・省エネ性に優れている(気化型とスチームファンを自動切り替えで省エネ実現!!)

・加湿性能に優れている(温度と湿度をセンサーで調整し加湿をしすぎないのもポイント!!)

・直線的な見た目でデザインもおしゃれ

いい事しかないダイニチの加湿器!!

f:id:matsutakeshi4444:20170908165212p:plain

迷ったらこれッ!!と自信をもってオススメ出来るスーパー加湿器です!!

基本スペック

サイズ:幅375×高さ375×奥行210mm  重量:5.1kg

適用畳数:木造14.5畳 プレハブ24畳 加湿量:960ml/h  タンク容量:6.3L 消費電力:470w

その他の機能:自動運転・チャイルドロック

また、こちらの加湿器はお部屋の広さに応じて4機種揃えているため非常に選びやすいのが特徴です!!

適用畳数8畳(木造5畳)のHD-RX317

適用畳数14畳(木造8.5畳)のHD-RX517

適用畳数19畳(木造12畳)のHD-RX717

③スリーアップ Float L HFT-1624

オシャレ加湿器が多い超音波式の中からハイブリット式になったFloatシリーズも紹介します♩見た目もかわいく省スペースで利用出来るため1人暮らしにはうってつけです♩

超音波×加熱のハイブリット式になるため、加湿能力も向上しています!!

基本スペック

サイズ:18.5(直径)×28.1(高さ)cm 重量:1.1kg

適用床面積目安:10畳 加湿能力:350mL/h 消費電力:75W タンク容量:3.5L 連続加湿時間(ミスト細大時):約10時間

④コロナ UF-H7218R

除湿機で有名なコロナですが、2018年に発売された加湿器はデザイン・性能ともにかなり向上しているため紹介させてください!!

 

コロナの大きな特徴は加湿フィルターが定期的に回転すること。まんべんなく加湿フィルターを濡らしてしっかりと加湿出来るとのこと。

 

また、運転停止時には加温フィルターが水に浸からない状態で停止。それによってカビの繁殖が抑制出来るので清潔さもキープされます!!さらに、加温フィルターが水に使っていない状態で温風を当てることで、フィルターを乾燥させる機能も搭載!!⇦ここポイント

基本スペック

サイズ:幅355×高さ×362×165mm  重量:3.9kg

適用畳数:木造12畳  プレハブ洋室20畳  加湿量:720ml 消費電力:345w

その他に機能:自動運転・除菌・チャイルドロック

まとめ

高級家電ブームもあり、高性能で清潔に使える加湿器が増えています!!

加湿器は湿度を保つことで、健康を保つことが大事です!!

 

加湿器は水を使うため、どうしてもカビなどの雑菌が繁殖しやすく、加湿器が普及する中で逆に健康被害を受ける人も多いです!!

 

加湿器選びの中で、いかに清潔に使えるか!?を意識して選ぶことが、非常に重要です!!こまめにメンテ出来るなら超音波式or気化型を!!めんどくさい!!って方は多少電気代がかかりますがスチーム型やハイブリッド型を勧めます!!